激濤(1)

Category : 青年 / Date : 2014/07/11

「激濤(1)」 (C)矢口高雄,オフィス漫
1983年5月26日。日本海中部沖地震。M7.7、震度5。大津波により104名もの尊い命が失われた。その中には12名の釣り人がいた。この物語は、被害者の綿密な調査を通し、漫画家・矢口高雄が、自然の厳しさと生命の尊さを真正面から描き出した鎮魂歌です。全4巻。

激濤(1)/矢口高雄
この作品を立ち読みする!
※iOSでの閲覧は専用のビューワアプリが必要です。お手数ですがリンク先→App Storeより指定のアプリをダウンロード後、お楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA